小野 健悟
サックス
担当エリア 札幌圏
プロフィール 中学生時代の吹奏楽部をきっかけにSaxを始める。大学生時代に
北大ジャズ研究会に所属、ジャズを中心に活動の幅を広める。
Sapporo City Jazzをはじめ数々の大きなイベント、ステージ参加、
多くの著名アーティストと共演及びライブサポートを努める。
2005年には自己のリーダーバンド「kengo.ThreadFlow」にて全国ツアーを果たす。
2008年にトラックメーカーJEBSKIのプロジェクトに参加、ONO Kengoフューチャーとなる
Panoramic Audio Domainレーベル第二弾12"シングル 『OVAL』がリリース。同年、
JAZZ LIFE誌にて北海道シーンの注目株として特集記事により紹介される。2009年、
自己の1stアルバム『back to forward』をリリース、同年、ボーカロイド作品
「kengo.ThreadFlowVI feat. 巡音ルカ」がリリース。2010年、じゃらんと
SapporoCityJazzの企画による北海道発のコンピレーションアルバム、
「DRIVING JAZZ HOKKAIDO second impression LAKE」に参加。同年、WebTV番組
「ホリエモンミュージカル日記」のBGMを制作。同年、Los Hermanos/URのGerald Mitchellと
JEBSKIとの共作「Natsu」の制作参加、リリース。次の年には多くの著名DJが手がけたリミックスアルバム
「NATSU」がリリース。代官山UNITで行われたリリースパーティライブに参加、大盛況に終わる。
2011年、加賀城匡貴、加賀城史典率いるスケルツォの札幌、東京公演に参加、"bird"と共演。
2012年、渡辺貞夫&SAPPORO JAZZ AMBITIOUSに参加。2013年、山下達郎バンドベーシスト伊藤広規と
道内ツアーを行う。2014年、David Matthews with Sapporo Jazz Ambitious 3rd feat.八代亜紀に参加。
同年、北海道広尾町ジュニア・ジャズスクールの専任講師に就任、教育にも力を入れる。
2015年、NHK主催「北の大地コンサート」及び、同名TV番組へ出演、氷川きよし、吉幾三と共演。
NHK BSテレビ番組「新日本風土記 小樽」へ楽曲提供、及び出演。
同年、伊藤広規withSPYCEにてライジングサンロックフェスティバルに出演。
各地での演奏活動の他、TV番組、企画等の楽曲作成、アレンジなど音楽制作活動も行っている。

SNS http://logicnote.com/