エルム楽器

久元祐子 ピアノリサイタル in ELM

日本人で唯一、ベーゼンドルファー・アーティストの称号を受けるピアニスト、久元祐子による珠玉のリサイタル。オール・モーツァルト・プログラムをお届けいたします。

久元祐子 プロフィール

東京藝術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て同大学大学院修士課程を修了。

ウィーン放送交響楽団、ラトビア国立交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ウィーン・サロン・オーケストラ、ベルリン弦楽四重奏団など、内外のオーケストラや合奏団と多数共演。

知性と感性、繊細さとダイナミズムを兼ね備えたピアニストとして高い評価を受けている。音楽を多面的に捉えることを目指したレクチャー・リサイタルは朝日新聞・天声人語にも紹介される。

ブロードウッド(1820年製)ベーゼンドルファー(1829年製)、プレイエル(1843年製)、エラール(1868年製)などのオリジナル楽器を所蔵。歴史的楽器を用いての演奏会や録音にも数多く取り組み、それぞれの時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追及する。

2010年、ショパン生誕200年記念年には、全国各地でプレイエルを使っての演奏会に出演。軽井沢・大賀ホールにおいて天皇皇后両陛下ご臨席のもと御前演奏を行う。2011年ウィーンでのリサイタルは、オーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾り、日本人で唯一ベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。

日時
2022/10/22(土)開場13:40 開演14:00
会場
エルムホール
札幌市手稲区西宮の沢3条2丁目1-8
お問い合わせ
エルム楽器 本店
電話番号:011-350-1113
メールアドレス:elmh@elm-t.co.jp
備考
--
入場料
PTNA道央胆振支部会員・ELM会員 3,000円
一般 3,500円
学生 2,000円